ドクターエア 3Dマッサージロールを2年間使ってみた感想、効果は?

3Dマッサージロール 健康家電

家庭で手軽に肩、腰、背中、腰、足など好きな部位を自在にマッサージできる3Dマッサージロールを紹介します。

棒状でとてもコンパクトですが、振動はかなりパワフルです!

3Dマッサージロールとは?使い方は?

凹凸のフォルムを身体の気になる部位へ押し当てるだけで全身の好きな部位をマッサージできる筒状のマッサージ器です。

3分間で最大10,000回の高速振動で、全身の筋肉を芯からほぐし、血行をよくします。

ドクターエア トレーニングマニュアル|3Dマッサージロール

本体とアシストカバー、充電器がセットになっています。

本体:直径85mm×高さ310mm、 675g

本体だけでも使えますが、私はアシストカバーの中に本体をいれて使っています。このほうが使いやすいです。

カラーは5色あります

アシストカバーの両脇をもって、首や肩のマッサージが簡単にできます。

カバーをつけたままでも、電源ON/OFF、振動の強弱ができます。

電源をONして、好きな振動数に合わせるだけのシンプル操作なので、説明書などを読まなくても簡単に使うことができます。

振動数は弱・中・強の3段階に調節できますが、弱でも結構な振動を感じます。強にするとものすごい振動です(笑)。

  • 弱:2300回/分
  • 中:2700回/分
  • 強:3700回/分

15分で自動的にストップするので、やりながらウトウト眠ってしまっても安全です。15分以上やりたい場合にはもう一度電源をONにするとできます。

3Dマッサージロールの効果は?2年間使っています。

私はドクターエアの3Dマッサージロールを使い始めて2年になります(途中何か月かしまって使わなかった時期もありますが)。2年たっても、充電の持ちやパワーは最初の頃と全く変化がないので耐久性はかなりあります

マッサージ効果としては、思った以上にあります(あくまでも個人的な感想です)。最初みたときは棒状なので、それほどパワーは期待はしませんでしたが、振動がかなり刺激的で、やっているとクセになります。多機能なマッサージ機能はありませんが、コリをほぐしたい場所にあてたり挟んだりするだけでシンプルに使えるので、部分的なマッサージをやるには十分です。

2年間使ってみて感じたメリットをまとめると、

  • コンパクトサイズなのでどこでも使える
  • 横になって寝ながらでも使える
  • 血行が良くなり、コリがほぐれる
  • 好きな場所にあてたり、挟んだりできる
  • 小型だけど振動は結構すごい(弱でも十分な威力)
  • コードレスが便利、充電がかなりもつ

コードレスで小型なので、好きな場所を気軽にマッサージできるのがとにかく便利です。私は肩、腰、太もも、ふくらはぎをゴロゴロと移動しながら使っていますが、振動が結構強いので15分やれば身体がだいぶ軽くなります。

デメリットとしては、

  • 充電に3時間位かかる
  • 振動が激しいので床で使うと音がする

といったところでしょうか。振動に関しては、アシストカバーをつければある程度和らぎますが、それでも床などで使うと音が響くので、私はソファーや布団の上で使っています。

管理医療機器

3Dマッサージロールは管理医療機器として認定されており( 医療機器認証番号 : 228AHBZX00025000 )、効果は以下の通りです。

  • 疲労回復
  • 血行をよくする
  • 筋肉の疲れをとる
  • 筋肉のこりをほぐす
  • 神経痛・筋肉痛の痛みの緩解

3Dマッサージロールの口コミ

楽天市場などにたくさんのレビューがあったので高評価、低評価の口コミをまとめてみました。

  • コードレスなのでどこでも使えて便利
  • 電池の持ちがよい
  • 振動がすごくて気持ちよい
  • 筋肉の凝りがほぐれる
  • パワフルで血行がよくなるのがわかる
  • やったあとは身体が軽くなる

  • アシストカバーの着脱が面倒
  • バッテリーの持ちが悪い
  • 振動がきつすぎる

バッテリーの持ちに関しては、悪いとの口コミもありましたが、私が使っている限りではかなり良いほうだと思います。フル充電しておけば1時間以上は余裕で使えます。

まとめ

3Dマッサージロールはコードレスなので、どこでも手軽にマッサージできます。全身どこでもマッサージしたい部位に挟むだけで、パワフルに振動して全身の筋肉をほぐして血行をよくします。

棒状なので包みこんだり、もみほぐしなどの高度なマッサージ機能はありませんが、家庭で気軽にマッサージしたいという人におすすめです。

振動が強めなので振動が苦手、、、という人には向かないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました